“烏賊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いか98.9%
するめ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
烏賊椎茸牛蒡、凍り豆腐ぐらいを煮〆にしておに盛るぐらいのもの。別に山独活のぬた。それに山家らしい干瓢味噌汁
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
かくて、子供は、烏賊というものを生れて始めて喰べた。象牙のような滑らかさがあって、生餅より、よっぽど歯切れがよかった。
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)