“烏賊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いか98.9%
するめ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
烏賊椎茸牛蒡、凍り豆腐ぐらいを煮〆にしておに盛るぐらいのもの。別に山独活のぬた。それに山家らしい干瓢味噌汁
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その数学の教師でも早川さんのように徹底したのは滅多にない。シャツが面倒だと言って、烏賊の甲という胸丈けの奴をつけている。
母校復興 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)