“落花生”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らっかせい50.0%
なんきんまめ33.3%
らっかしょう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“落花生”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
その道路では一人の子供が、アスファルトの上で微塵みじんつぶれている白い落花生らっかせいの粉を、這いつくばってめていた。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
石を敷いたみちの右側には白いアセチリン瓦斯ガスがあって、茹卵ゆでたまご落花生らっかせいを売る露店ろてんが見えていた。
女の首 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
落花生なんきんまめ (脱皮) 七・五〇 二四・五〇 五〇・五〇 一一・七〇 四・〇〇 一・八〇
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
落花生なんきんまめの殻を投げることもある。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)