“落花生”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らっかせい42.9%
なんきんまめ28.6%
ぢまめ14.3%
らっかしょう14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その道路では一人の子供が、アスファルトの上で微塵れている白い落花生の粉を、這いつくばってめていた。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
松太郎の通行る度、店先にゐさへすれば、屹度この眼で調戯ふ。落花生の殻を投げることもある。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
でも心は汚れてはゐなかつたので、の実の一つや、落花生の二つを、良寛さんの鉢の中へ入れてくれた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
落花生が一袋。この袋は五銭ばかりのふくろネー。この重箱の下は。オヤオヤお菜ネー。白魚とくわいのお手料理は。きっと奏任官の令夫人が。おにたべさせたいとおこしらえ遊ばしたの。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)