“秋茄子”の読み方と例文
読み方割合
あきなす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みると老母は、邸内の空地あきちたがやして菜園とした畑で、きょうも百姓の持つくわって、秋茄子あきなすの根土を掻いているのだった。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女中が持運ぶ蜆汁しじみじる夜蒔よまき胡瓜きゅうりの物秋茄子あきなすのしぎ焼などをさかなにして、種彦はこの年月としつき東都一流の戯作者げさくしゃとしておよそ人のうらやむ場所には飽果あきはてるほど出入でいりした身でありながら
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
秋茄子あきなす
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)