“唐茄子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうなす80.0%
たうなす12.0%
とまと4.0%
トマト4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こいつ! 案外、話せん男だ、俺はちと買いかぶったかな。——じゃすすめない、をしてくれ。君はその唐茄子でも、食っておれ」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
栖鳳氏はに拡げた紙本に一百円もしさうな唐茄子きかけてゐたが、客が入つて来たのを見ると、絵筆を投げて此方に向き直つた。
渓仙氏はにゐた。唐茄子のやうな真つ赤な客の顔を見ると、つい愛相が言つてみたくなつた。
僧侶さんはうろたへ出した。禿げた頭を唐茄子のやうに真つ赤にして、草のなかを掻き分けてゐたが、暫くしてやつとこさで見つかつた。上人は汗ばんだ顔を持ち上げた。