“唐繻子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうじゅす73.7%
たうじゆす26.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お政は鼠微塵の糸織の一ツ小袖に黒の唐繻子の丸帯、襦袢半襟も黒縮緬に金糸でパラリと縫のッた奴か何かで、まず気の利いた服飾
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
お柳のは南部の藍の子持縞の袷に黒の唐繻子の帯に、極微塵小紋縮緬三紋の羽織を着て、水のるような鼈甲をさして居ります。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
黒縮緬羽織唐繻子め、小さい絹張蝙蝠傘に置き、後丸ののめりに本天鼻緒のすがつた駒下駄いた小粋婦人が、女
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
蜿蜒として衣桁に懸る処、恰も異体にして奇紋ある一条の長蛇の如く、繻珍、西陣、糸綿、綾織繻珍綾錦純子琥珀蝦夷錦唐繻子和繻子南京繻子織姫繻子あり毛繻子あり。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)