“純子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どんす75.0%
じゆんこ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一同出立には及びたり其行列には第一番の油箪し長持十三何れも宰領二人づつ附添その跡より萠黄純子の油箪白くの御を染出せしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
純子座蒲団の上に坐って、金無垢煙管で煙草を吸っている春見は今年四十五歳で、人品い男でございます。
その時、ちやんと純子ちやんとが、はしやいで玄関から帰つて来ました。二人とも風呂敷包をダランとさげて、進ちやんは顔にお面をかぶつてゐました。
母の日 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
「ええ。まだおすぎですもの。一時ごろになると、純子ちやんが帰つて来るでせうし、二時ごろに耕一さん、三時ごろに蓉子ちやんが帰つて来るはずだわ。」
母の日 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)