“純潔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じゅんけつ62.5%
チヤスチチイ12.5%
じゆんけつ12.5%
プラトニック12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御身るとおり、こちらの世界では純潔な、いのないものはそのまま側路らず、すぐに産土神のお手元きとられる。
純潔より恋愛に進む時に至道にへる順序あり、れども始めより純潔なきの恋愛は、飄漾として浪に浮かるゝ肉愛なり、何の価直なく、何の美観なし。
こそ彼女は、純潔子供に、たとへ一時でもそのしたのために、ぬことが出來るやうにさへつた。
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)