“世界”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せかい96.2%
せけえ1.9%
1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は有島武郎さんの作品をんで、作品のうちにんでゐる作者の心の世界といふものゝ大きさや、強さといふものを深くじます。
三作家に就ての感想 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
何でも高くなりやあがる、ありがてえ世界だ、月に百両じゃあ食えねえようになるんでなくッちゃあ面白くねえ。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それが世界の苦みであると知れ
或る淫売婦におくる詩 (新字新仮名) / 山村暮鳥(著)