貧乏びんぼう
「アア詰らねえ、こう何もかもぐりはまになった日にゃあ、おれほどのものでもどうもならねえッ。いめえましい、酒でも喫ってやれか。オイ、おとま、一升ばかり取って来な。コウㇳ、もう煮奴も悪くねえ時候だ、刷毛つ …
作品に特徴的な語句
鉄瓶てつびん 次手ついで 鍛冶屋かじや 面長おもなが 覚悟かくご 掻巻かいまき 浮世うきよ 縁起えんぎ 厭気いやき 一揆いっき 椋鳥むくどり 見廻みま 無間むげん 見込みこみ 鰹節ふし 四隣あたり 眼尻めじり 一張羅いっちょうら 七日なのか 世帯しょたい 地金じがね 坊主ぼうず 亡者もうじゃ かた 昔時むかし 懶惰ぶしょう 栄華えいが 欠片かけら 手酌てじゃく 死際しにぎわ はい 富籤とみ 臭気におい 理屈りくつ 噴飯ふきだし 無益むだ 相場そうば 茶釜ちゃがま 薄汚うすぎたな 気息いき 豆腐とうふ 味噌漉みそこし 此品これ 寿命じゅみょう 仰飲あお 燗徳利かんどくり 色気いろけ はげ 千万せんばん 模様もよう 自己おの 素裸すはだか 柳原やなぎはら 台湾たいわん 眼鼻立めはなだち 文身ほりもの 知人なじみ 七度ななたび 肌合はだあい 六日むいか 言語ふちょう 外面おもて しょう 一枚いちめえ 三井みつい しか 紅色くれない 空腹すきっぱら 川岸かし 姿勢なり 盗賊ぬすみ 両袖りょうそで 快活きさく 白丁はくちょう 眼覚めざ 冴々さえざえ つち 前掛まえかけ 田舎漢いなかもの 下物さかな 修行しゅぎょう 可愛想かわいそう 政府おかみ 容態ありさま 慮外りょがい 小遣銭こづけえぜに 衣類きもの 引退ひっこ 金銭かね くそ 手合てあい 未来このさき 強盗ごうとう 結局おち 真当ほんと 耳語ささや 肉付にくづき 女郎じょろう 引剥ひつぱ