貧乏びんぼう
「アア詰らねえ、こう何もかもぐりはまになった日にゃあ、おれほどのものでもどうもならねえッ。いめえましい、酒でも喫ってやれか。オイ、おとま、一升ばかり取って来な。コウㇳ、もう煮奴も悪くねえ時候だ、刷毛ついでに豆腐でもたんと買え、田圃の朝という …
作品に特徴的な語句
おまい おめえ ひど おまえ がて ちげえ たか つえ おら 引剥ひつぱ 引退ひっこ くら 盗賊ぬすみ 知人なじみ かい 女房かかあ 内室かみさん 年齢としばえ ちさ 言語ふちょう てめえ やっ 過日こねえだ ほん 懶惰ぶしょう 軽蔑さげすむ こっ ぷり ばし うま おつ あら 内室おかみさん うしろ 空腹すきっぱら 美味うめ 紅色くれない 鰹節ふし ぱな 内儀おかみさん ふし よこ こう 容態ありさま 一杯いっぺえ 姿勢なり 女房にょうぼ おおき 外面おもて 噴飯ふきだし いん ぬか ほん 真当ほんと たすけ 結局おち おき 言語ものいい 内儀かみさん 先刻さき 快活きさく 攫取つかみど 隣家おとなり うめ 賭博かけ もぐ すぐ 見廻みま ばばあ 無益むだ さだ 身幹せい はず あめ 未来このさき つく たて 突然だしぬけ すこし あた ちげ 一匹いっぴき けえ 衣服なり 忌々いめえま 可笑おかし 自己おの 黙然だんまり はな