“談”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなし39.8%
はな29.2%
かた14.8%
だん9.3%
ばなし4.2%
カタラ0.8%
かたら0.4%
かたり0.4%
カタリ0.4%
ハナシ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
関白が政宗に佩刀を預けて山へ上って小田原攻の手配りを見せたなどは今く。さて政宗は米沢三十万石に削られて帰国した。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
がしかしその男がこの時ばかりは「実際恐怖かったよ」と顔色を変えて私にしたくらいだから、当人は余程凄かったものだろう
暗夜の白髪 (新字新仮名) / 沼田一雅(著)
予今水の東京をるといへども、談つて甚だ詳しからず、必ずや水を得ざるの惨にあふことなからん。呵〻。(明治三十五年二月)
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ずることも出來うずれ、このやうに頭髮掻毟って、ま此樣地上れて、まだらぬ墓穴ることも出來うずれ!
その晩十時過ぎまで、お庄は茶ので話し込んでいた。が寝てからも、細君に引き留められて、身の上などして聞かされた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
昼は公然と村に来て、嫁入り先の家の水壺を満たす為に、の水を頭に載せて搬んだりする。男は友だちをうて、花嫁のありかをつき止める為に、顔色も青くなるまで尋ね廻る。
最古日本の女性生活の根柢 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
九泉に堕つる涙まことこもりて、再び亡魂をや還しぬべき。しかすがに亡き人の神気すでに散じたれば、にわれ等とひ難くや
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
大伴大連室屋の子が夷種の軍隊たる佐伯部の長となり、佐伯宿禰の家を起したからとてあえて不思議はないのである。
奥州における御館藤原氏 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
早いが、昨年燉煌で發見された、古書の内に、老子西昇化胡經と云ふものがある。殘闕して二卷丈しかなく、全部若干卷だか分らない。見ると唐人の抄本たる事は慥であるが、新舊唐志にない。
日本国見在書目録に就いて (旧字旧仮名) / 狩野直喜(著)