“直談判”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じきだんぱん60.0%
じかだんぱん20.0%
ぢきだんぱん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
直談判をして失敗した顛末を、川添のご新造にざっと言っておいて、ギヤマンのコップに注いで出された白酒を飲んで、暇乞いをした。
安井夫人 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「若先生に直談判というて美しい女子が乗り込んで来た、前代未聞の道場荒し」
其上宗助安之助が、不足分擔する出來たらと小六つてかしたのは、宗助自身であつた。小六運動たずに、すぐ安之助直談判をした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)