“直談判”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じきだんぱん75.0%
じかだんぱん25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“直談判”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小六は兄の運動を待たずに、すぐ安之助に直談判じきだんぱんをした。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
旦那様だんなさまは驚ろいていらっしゃいました。ずいぶんひどいやつだって。こっちから取りに来いとも何とも云わないのに、断りもなく奥様と直談判じきだんぱんを始めたり何かして、しかも自分が病院に入っている事をよく承知している癖にって」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「若先生に直談判じかだんぱんというて美しい女子おなごが乗り込んで来た、前代未聞ぜんだいみもんの道場荒し」