“不足”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふそく93.3%
たらず3.3%
たらざる3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
學生平日よりは不足であつた。不審には、自分より三四つてゐるべき安井さへ何處にもえなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
二人共、この春徴兵検査を受けたのだが、五尺不足の山内はが目にも十七八にしか見えない。それでゐて何処か挙動が老人染みてもゐる。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
事定りてのち寺に於て稽古をはじむ、してのち初日をさだめ、衣裳のるゐは是をを一ツのとするものありて不足なし。