“事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こと51.1%
つか17.8%
ごと8.5%
3.9%
こつ3.1%
こっ2.8%
こた2.4%
2.2%
こッ1.5%
ツカ1.3%
こん0.9%
コト0.6%
こツ0.4%
つかう0.4%
つこ0.4%
わざ0.4%
ゴト0.4%
ごっ0.2%
ごつ0.2%
ごど0.2%
ごツ0.2%
0.2%
とし0.2%
0.2%
ほと0.2%
まつり0.2%
コトヲ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太古遺跡發掘に、めてしたのは、武藏權現臺である。それは品川からめてい、荏原郡大井小字
によきこそあれ、頃日金眸大王が御内へて、新参なれどもだちて働けば、大王の寵愛浅からぬ、彼の黒衣こそよかんめれ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
結婚なども「つまらない」と見、家のうちに多くの子孫をかかえて、その子孫繁栄のために、あくせくしている一般の風をも
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「だから、いわないッちゃない。」と蘿月は軽く握り膝頭をたたいた。お豊は長吉とお糸のことがとなしに心配でならない。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
『早くつて寢るた。恁麽時何處ウ徘徊くだべえ。天理樣拜んで赤痢神が取附かねえだら、ハア、何で醫者藥がるものかよ。』
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
がシカシ君のたから今更直付けにいとでも思うなら、我輩一の力を仮しても宜しい、橋渡をしても宜しいが、どうだお思食
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「ばかをいうぜ。お豊の前でそんな事いうやつがあるものか。お豊、さんの言ってるア皆うそだぜ、に受けるなよ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
何人も大半は婦人にて教育せられるのであると云ふ一を見ても、婦人は男子と対等の生活を営みる権利をつて居るのはかである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
何うもこれは出来ないでげすな、ちょいとを付けて、祝儀を遣った其の上で、情夫に会わして遣るなんてえ事は中々出来るちゃア有りやせん
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
倭人の神にへさせ、信仰習合・祭儀統一の実を、其旧領土なる郡々に伝へさせようと言ふ目的があつたものと推定することは出来る。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
先ず親方にべなって見べし。ここのがよりも欲にかかるべえに。……芸もねえ可愛くもねえつんだすなてば
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
○先日下され候御文の内にぼふずになり、山のをくへでもはいりたしとの事聞へ、ハイハイヱヘンをもしろき兼而思ひ付おり申候。
『それや不可。止せ、後藤君。自殺は弱い奴等のするた。……死ぬまでれ。、殺されるまでだ。……』
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
に問う、天下の男子、その妻君が別に一夫を愛し、一婦二夫、家におることあらば、主人よくこれを甘んじてその婦人にるか。また『左伝』にそのうということあり。
中津留別の書 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
に明君は民の産を制し、必ず仰いではて父母にうまつるに足り、してはもって妻子をうに足り、楽歳には終身飽き、凶年には死亡を免れしめ、る後って善にかしむ。
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)
(十四) 子曰く、君子は食かんことを求むるなく、安からんことを求むるなく、くしてを慎み、有道にいて正す。学を好むというべきなり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
而も芸容は、和以外の領域を思はせるものがあり、芸質は明らかに辛抱立役或は脇役に向つてゐた。父延若とても、美しい顔ではなかつた。だが、長い鍛錬が其に自在性を与へた。
実川延若讃 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「知っとる、知っとる。ほんに酒好きけんな。飲ますちなか。とてんえお爺さんのる。」
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
そこで五円札ば、うんち投げえて、何処っちゃよかけん、五円がつがよかけさせちいうて、じゃらんじゃらんじゃらんじゃらん駈け廻ったもんですたい。愉快でしたもんな。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
『お、まだ善くねえして来たな?』と怨めしさうに見る。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
と、背負つてるは、「だね、おちやないやね。」とひながらひよろ/\。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
はとかく邪魔がはいる——人の世の習いとやら。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
されば夫婦の間は、何時か不和になツて、父は待する、母は反抗する、一粉統と共にるばかりであツた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
ついて只、宗虎が親類江御咄し被成候得バ、喜び可申存候。
八重「半治はん誠にほいよう、ほれじゃアまねえよ、此家ているに、ほがほんなをひてや親分まねえよ、小兼はんにになってれってえ、ほれじゃア可愛ほうだアへえ」
対えて曰く、これをくすというにあらざれども、願わくは学びがてらにせん、宗廟のしくは会同のとき、玄端(を)章甫(を冠り)願わくは小相とならん。点よ爾は何如。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
凡隊中所費銭糧 其自営ノ功ニ取ル亦互ニ相分配シ 私スル所アル勿レ 若 或ハ学料欠乏ストキハ隊長建議シ 出碕官ノ給弁
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)
けれどもチベットでサラット・チャンドラ・ダース師のインド人であるということを知って居るのは世通の人だけで、普通の人はみな英国人だと言うて居るです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)