“まつり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マツリ
語句割合
33.6%
祭礼26.2%
9.8%
5.7%
祭禮3.3%
祭典2.5%
政治2.5%
茉莉2.5%
祭祠2.5%
祭日1.6%
祭祀1.6%
政権0.8%
0.8%
0.8%
佳節0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
祭会0.8%
祭奠0.8%
郡望0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、三浦家ではいつも社殿修理そのをくばり、でもされる場合には、使者てて幣帛げました。
そこで裸体で手をかれて、土間の隅を抜けて、隣家連込まれる時分には、が鳴いて、遠くで大勢の人声、祭礼太鼓が聞えました。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ごとに対して不満を持つ者はなかつた。
円卓子での話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
事の実際をいえば弱宋の大事すでに去り、百戦必敗より疑うべきにあらず、むしろんで一日も氏のしたるこそ利益なるに似たれども
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
また、大通りの絹張繪行燈横町々々軒提灯も、祭禮相應しい。紅提灯納涼る。それから、えた萬燈は、のお會式はせる。
祭のこと (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
尽して、人も車も微塵になせ。彼奴の首一つ取ったら南蛮国中で祭典ができるぞ
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
政治朝廟で議するも、令は相府に左右される。公卿百官はおるも、心は曹操の一のみ怖れて、また、宮門の直臣たる襟度を持しておる者もない。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その起重機の下では、夜になると、平和な日には劉髪の少女が茉莉の花を頭にさして、ランプのホヤを売っていた。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
高陵の地、父の墓のかたわらに、棺槨衣衾の美を供えて、孫権はあつく葬った。歌舞音曲のまること月余、ただ祭祠の鈴音と鳥の啼く音ばかりであった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
として、祭日のようであった。たくさんに酒をのむ事もゆるされた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なるほど、喧嘩らしい、火事と喧嘩とお祭祀と一緒に来たんじゃあ事だ」
「おのれは今、——富者も餓鬼、——貧者も餓鬼、——そして、雲上は政権の争奪と、逸楽の妖雲におおわれていると」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
沙弥文覚って、路傍の大衆に申す。それ、を見るに、雲上の月は、絶えまなく政権の争奪と、逸楽の妖雲にむれ下天の草々は、野望の武士の弓矢をつつむ。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
対えて曰く、これをくすというにあらざれども、願わくは学びがてらにせん、宗廟のしくは会同のとき、玄端(を)章甫(を冠り)願わくは小相とならん。点よ爾は何如。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
また神魂は骸と分かりては、なお清くかるれありとみえて、火の汚穢をいみじくみ、その祭祠をなすにも、のありては、そのを受けざるなり
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
翌晩は上元佳節、一月十五日の月は、月さえふだんよりも大きく美しく見える。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「天皇をけて天の下を定めたまふ。たまふ際に於いて、政事に及びて、け補ふ所多し」と記してある。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
『論語』の八佾篇においては、孔子は宗廟の祭りや泰山の祭りや告朔餼羊や社の樹などについて語っているにかかわらず、その主たる関心は礼の保持であって信仰の鼓吹ではない。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
……これで長らく埋もれていたわが家も、ふたたび漢家の系譜に記録せられ、いささか地下の祖先のもできるようになりました。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また中世地獄を画くに、口を開き火を吐く竜とした。悪魔を標識せる竜の像を祭会の行列に引き歩く事も盛んで、ルアンのガーグイユ竜などもっとも高名だ。
四月十六日のお祭奠に、杉の木へ寄りかかって神楽を見た覚えもあざやかに残っているし、小僧が木の幹にしがみついて、登って見ていたのも覚えているから、幾本かは、幾度かの江戸の大火にも
もし彼が趙姓であったなら、現在よく用いらるる郡望の旧例にり、郡名百家姓に書いてある注解通りにすればいい。「隴西天水の人也」といえば済む。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)