“下天”の読み方と例文
読み方割合
げてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これはみな、宋朝腐爛の悪世相が、下天に描きだしつつある必然な外道の図絵だ——。これを人心のびと嘆くも、おろかであろう。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あのものたちにを越されたぞ、こちらでもあれに負けるなとっしゃって、「人間五十年、下天のうちをくらぶれば」と御じぶんがまっさきに敦盛をおうたいなされました。
盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
思いを下天らし、誓いを上天にささげ、七日七夜、つつしんで祈りのに服したいと思うのですがどうでしょうか
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)