“嬶天下”の読み方と例文
読み方割合
かかあでんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、ある種の専制政治があって、彼は長いことその下で苦しんでいたのだった。それは、嬶天下だった。幸いなことにそれも終っていた。
これではまるで、お人好しの宿六が、嬶天下の御機嫌をとりに来たようなものではないか、郡民畏怖の的である新お代官の権威のために取らない。
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
嬶天下さ」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)