新・水滸伝しん・すいこでん
頃は、今から九百年前。——中華の黄土大陸は大宋国といって、首都を河南省の開封東京にさだめ、宋朝歴代の王業は、四代の仁宗皇帝につがれていた。 その嘉祐三年の三月三日のことである。 天子は、紫宸殿に出御し …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 裸足はだし 夜叉やしゃ きず 深傷ふかで 脾腹ひばら 鍛冶屋かじや 恰幅かっぷく 修羅しゅら 凄味すごみ 峻烈しゅんれつ かば 裏店うらだな 鬱憤うっぷん 公達きんだち 坩堝るつぼ 天秤てんびん 従容しょうよう 麾下きか 与力よりき 喉笛のどぶえ 眉宇びう 螺鈿らでん 韋駄天いだてん 凋落ちょうらく 物識ものし よし 逐電ちくてん 閻魔えんま 供養くよう さい 脚下きゃっか 遮二無二しゃにむに 雇人やといにん 井桁いげた 楚々そそ たみ 父娘おやこ 布令ふれ 母娘おやこ 烏滸おこ ちん 譴責けんせき 化身けしん 足蹴あしげ 馴々なれなれ 銅鑼どら 午頃ひるごろ 首途かどで いた ぬか あかね 亜細亜アジア 喊声かんせい なつめ 沙漠さばく 波瀾はらん 腹癒はらい 混沌こんとん 鉄漿かね 檀家だんか 章魚たこ 香具師やし 人非人ひとでなし 反物たんもの 旱魃かんばつ 殲滅せんめつ 発心ほっしん 皆目かいもく はく 臆測おくそく 裳裾もすそ 閑暇かんか 飢饉ききん 大喝だいかつ ろく 芙蓉ふよう 苗字みょうじ 不逞ふてい 先途せんど 十重二十重とえはたえ 枇杷びわ 権柄けんぺい 淋漓りんり 震駭しんがい 忌憚きたん 度胆どぎも くら 御幣ごへい 淙々そうそう 何刻なんどき やく 雑魚ざこ 半纒はんてん 投網とあみ むじな 近衛このえ 瑪瑙めのう 冥土めいど