“免”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まぬか28.0%
ゆる25.6%
のが16.6%
まぬ9.6%
まぬが8.8%
めん6.1%
1.8%
ゆるし1.0%
1.0%
ぬぎ0.2%
まねか0.2%
0.2%
ゆるす0.2%
ゆれ0.2%
マヌ0.2%
ユル0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然れどもに交合は必然に産児を伴ふ以上、男子には冒険でもでもなけれど、女人には常に生死をする冒険たるをれざるべし。
娼婦美と冒険 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
本山から出府している坊主は十一人ありましたが、ほかの寺に宿を取っていた七人はこの事件に関係がないというのでされました。
半七捕物帳:25 狐と僧 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
上半は形式的に響くが、人麿自身にとっては本気で全身的であった。そして、「滝つ河内」という現実をもしていないものである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
その上このまゝに差し置いて、自然公儀のお耳にも入ることになれば、宇佐美家への御とがめはれません。如何でござらう、平次殿
「何故、正成は、死んだか? 討死をしたか? 死なずにすむ戦であったか、れぬ戦であったか、は、別の論議としておいて——」
三人の相馬大作 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
ここだろうと、いい加減に見当をつけて、ごご免と二返ばかり云うと、から五十ぐらいな年寄が古風な紙燭をつけて、出て来た。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「わたしが奉公するとなれば、さまの御勘気もるる。殿に願うて良い医師を頼むことも出来る。なんのそれが不孝であろうぞ」
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
甲「アイタ… 御免蒙る、全く貧の盗みでござる、命ばかりはお助けを願う、どうぞおお助けを願う、全く貧の盗みで、御免アヽ痛い/\…貧の盗みで」
すべりの一名ばるゝで、一度陷落したるものは、到底がれ出來ないのである。
〈最も喇嘛を重んず云々、遥かにこれを見ればすなわち冠を叩著す、喇嘛手にてその頂を摩し、すなわち勝れてこれを抃舞す、女を生めば美麗なるを択びてこれを喇嘛に進むるに至る
若き時の過失人毎れず、懺悔めきたる述懷は瀧口て迷惑に存じ候ぞや。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
役所はめられ、眼はとうとう片方が見えなくなり片方は少し見えても物の役には立たず、そのうち少しの貯蓄はなくなってしまいました。
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
見透されに坐する如く冷汗してへらる此時綱條卿には越前天一坊の仕置の儀は其方が勝手に致べしぞ越前は小身者なれば天一坊召捕方の手當等はむづかしからん伊豆其方より萬端助力はし早々其用意
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
旨とすれば父のはいよ/\強く勘當ん樣もあらねば其儘にして過行しが去年父親は死去しに母は女氣の心き所へ持込詫言せしかば故なくで今ははや往通をなす中に成しに元益は兄といふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「——寸草メズ、六清浄ナリ。汝ノタメ剃ッテ除キ、争競ガレセシム。……ツ、ミナ剃リ落セ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ざまに切りつけるぞ——。せ/\と言ふところぢやが、——あれはの、生れだちから違ふものな。藤原の氏姫ぢやからの。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)