三人の相馬大作さんにんのそうまだいさく
「何うも早や——いや早や、さて早や、おさて早や、早野勘平、早駕で、早や差しかかる御城口——」 お終いの方は、義太夫節の口調になって、首を振りながら 「何うも、早や、奥州の食物の拙いのには参るて」 赤湯へ入ろうとする街道筋であったが、人通りが …
作品に特徴的な語句
娘子ぼこ 退しさ ゆい いず まぬが おわ したおび 鎮守つんず はず 彼奴かやつ かたじけ あぜ はかりごと かね 叩頭じぎ 土埃つちぼこり 手者てもの 抛出ほうりだ まず 正気せいき 流行はやり 真個ほんとう 簀巻すま はだえ くつがえ つら もっ 仮令たとい 仮色こわいろ たたず てい 何人なんぴと しか 依怙えこ 偏頗へんぱ 入相いりあい 凝視みつ もた 別嬪べっぴん 剥出むきだ なか かく 卑怯ひきょう 博奕ばくち 反向そむ 口吟くちずさ 可笑おか 吃驚びっくり つぶや 周章あわ 呼吸いき とが あえ おど 土堤どて らち 堯舜ぎょうしゅん 大銃おおづつ おご 奢侈しゃし 女狩めがり 将門まさかど ひら すた 後方うしろ 得物えもの 御尤ごもっと 恰度ちょうど 懦弱だじゃく 手蔓てづる 打伏うつぶ ひら 挟箱はさみばこ なぐ たお 早駕はやかご 昵懇じっこん しばら 木樵きこり 果敢はか 櫓下やぐらした 水沫しぶき 流石さすが