“忝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かたじ29.7%
かたじけな27.7%
かたじけ27.2%
かたじけの11.3%
かたじけなく1.5%
かた1.0%
かしこ0.5%
かたじけね0.5%
カタジケ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けのうござる、それでこそ本望……つきましてはもう一つ、お願いいたしたきは拙者に代わり、不運の百姓の一揆の指揮を……」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
風情のなま/\に作り候物にまでお眼お通し下され候こと、きよりは先づ恥しさに顔くなり候。勿体なきことに存じ候。
ひらきぶみ (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
「ああ……イヤイヤ。その御配慮は御無用御無用。実は主命を帯びて帰国を急ぎまするもの……お志は千万のうは御座るが……」
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「その御盃なれば、ぜひ、他にいただかせたい者がおりますが……その者に、おわし給われば、一だんと、うござりますが」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
よりて、余いま固陋ず、その了解し難きゆえんの意を摂録し、あえて先生にす。もし先生の垂教をせば、あに ただ不佞の幸のみならんや。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
光栄ともじけなしとも、なんともかとも有難く感じったあの『源氏物語』の大将、光る源氏の君の美貌権勢をもってしても、かなかった女があったと、紫式部が
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
いつも、右側に、袴をつけて、番所の中にまっている番人が、一人もいなかった。
近藤勇と科学 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
で、たゞ連出算段。あゝ、紳士客人には、あるまじき不料簡を、うまれながらにして喜多八をうけたしがなさに、えと、安敵のやうならした。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ナクモ天子ヨリ御土器ヲ頂戴ナサレ、上古末代マデノ面目コレニ過グベカラズ
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)