“喜多八”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きたはち70.0%
きだはち30.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
諸君かずや、むかし彌次郎喜多八が、さもしいに、くひし蕎麥富士ほど山盛にすこし浮島がはら。もりに大根おろし。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
に——つたである——土産がきをつて、寫眞て、十綱橋とあるのを、喜多八以來早合點で、十網橋だとつた。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と精々喜多八の気分をわせて、突出し店の硝子戸の中に飾った、五つばかり装ってある朱の盆へ、突如立って手を掛けると、娘が、まあ、と言った。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(どうだ、喜多八。)と行きたいが、其許は年上で、ちとそりが合わぬ。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)