雛がたりひながたり
雛——女夫雛は言うもさらなり。桜雛、柳雛、花菜の雛、桃の花雛、白と緋と、紫の色の菫雛。鄙には、つくし、鼓草の雛。相合傘の春雨雛。小波軽く袖で漕ぐ浅妻船の調の雛。五人囃子、官女たち。ただあの狆ひきという …
作品に特徴的な語句
浅葱あさぎ 背戸せど 錦絵にしきえ ちん しじみ 半襟はんえり 弥生やよい 冬籠ふゆごもり 可懐なつかし 栄螺さざえ 逗子ずし 其角きかく 寸分すんぶん 朧夜おぼろよ 群青ぐんじょう 島田しまだ 御手おんて 七歳ななつ 突如いきなり 金目かねめ 生際はえぎわ 連翹れんぎょう 上框あがりかまち 頬張ほおば 囲炉裡いろり 人柄ひとがら 工匠たくみ 日南ひなた 長柄ながえ 酒宴さかもり 手酌てじゃく ながえ すもも 緋毛氈ひもうせん 惣菜そうざい 羽子はご 胡蝶こちょう 飛退とびの かれい 大川おおかわ 雛壇ひなだん 川原かわら 白魚しらうお 伸上のびあが 小屏風こびょうぶ 金米糖こんぺいとう 相合傘あいあいがさ りゅう 丹頂たんちょう 白昼まひる 下枝したえだ 打微笑うちほほえ 充満いっぱい 緋桃ひもも 草紙そうし 日光ひざし 鞠子まりこ 鼓草たんぽぽ 罷出まかんづ 徜徉さまよ 大樹たいじゅ 喜多八きだはち 小鯛こだい あわ 橋詰はしづめ 堤防どて 話声はなしごえ 重詰じゅうづめ 紅玉こうぎょく 白酒しろざけ 大々だいだい 敷妙しきたえ 追羽子おいはご 御廚子みずし 府中ふちゅう ぱっ 吸子きびしょ 吹降ふきおろ 金岡かなおか 通過とおりす 舞扇まいおおぎ 手遊おもちゃ 女夫雛めおとびな 曲水きょくすい 紅糸べにいと 一双いっそう 声々こえごえ 古郷ふるさと 有平糖あるへいとう 長橋ながばし 紙雛かみひいな 内井戸うちいど 官女かんじょ 小盃こさかずき 袖形そでかた 豆粉きなこ 金高蒔絵きんたかまきえ 打上うちあが 侍烏帽子さむらいえぼうし 大財産家だいざいさんか