“飯鮹”の読み方と例文
読み方割合
いいだこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ツンツンと上つて来て、草の上へ釣りあげると、ツサツサと小さい鋏を鳴らす。飯鮹はよく人の指を敵だと思つてからみつくが、エビは人の指を鋏む。
夏と魚 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
白魚よし、小鯛よし、毛氈つかわしいのは柳鰈というのがある。業平蜆小町蝦飯鮹も憎からず。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
魴鮄を刻み、飯鮹の紫は五つばかり、れた雲のようにふらふらする……こち、めばる、青、鼠、樺色のその小魚の色に照映えて、黄なる蕈は美しかった。
小春の狐 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)