小春の狐こはるのきつね
朝——この湖の名ぶつと聞く、蜆の汁で。……燗をさせるのも面倒だから、バスケットの中へ持参のウイスキイを一口。蜆汁にウイスキイでは、ちと取合せが妙だが、それも旅らしい。…… いい天気で、暖かかったけれども、北国の事だから、厚い外套にくるまって …
作品に特徴的な語句
こうば うるそ 紅玉ルビィ 露台バルコニイ ひッ じれ いい そら おろ れっ きまり 端折ばしょり じじ あゆみ ちいさ かえ ひとつ とく ひそか あたら 侏儒いっすんぼし ばか おあし かぶり 可恐こお むさ なめらか ちぎ たなそこ ことば つめ たし つらな そら 阿婆おばば あつま めえ きれ ためし から せな はさま 洒落しゃ 可恐こわ 可笑おかし わし ほがらか まばら そよ たか こら あらた はた わき えみ 阿婆あばあ あきら 乾坤てんち つま なぞら すなど くれない かさな ともしび とお あが かいつぶり 二処ふたとこ かか はぎ はさ みよし 沢山たんと ころも 活計たつき ながれ 扇形おうぎなり やす 憧憬あこがれ 憂慮きづかい はね かげ なが 伯良はくりょう すすき のば めぐ かつ かすか 価値あたい いわ 不可いけな 日当ひあたり ひま かか