“灯”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
37.4%
あかり27.0%
ともしび8.6%
とも8.5%
あか4.3%
ともし3.4%
3.1%
2.7%
あかし1.4%
とう1.1%
ひとも0.9%
0.7%
とぼ0.4%
0.1%
0.1%
とぼし0.1%
ひかり0.1%
アカシ0.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老衰して黒っぽくなりその上に煤煙ばいえんによごれた古葉のかたまり合った樹冠の中から、浅緑色の新生のが点々としてともっているのである。
破片 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
これは勿論のついて居る行燈ではなからう、客の座敷に斯様かようの行燈が置いてあるといふ事はいかにも貧しい宿であるといふ事を示して居る。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
お吉の指さす方、ドブ板の上には、向う側の家の戸口からあかりを浴びて、あけに染んだ、もう一人の娘が倒れているではありませんか。
機は完全に霧の下に降りた。大きく一廻りすると、滑走路のあかりが二列に並んで近々と見え、やがて機は正確な着陸をした。午前零時三十分である。
アラスカ通信 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
と、部屋内のともしびが、一時に光を失ったかのように、四辺朦朧もうろうと小暗くなり、捧げられた深紅の纐纈ばかりが虹のように燦然と輝いた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その窓のすぐきわから斜下ななめしたにつき出た屋根、彼はその屋根によじのぼって、しずかに窓をたたくと、中で小さなともしびがつきました。
ただほんのりとともっている、絹行燈きぬあんどんの光の裡に、美しい調度などが、春の夜にふさわしいなまめいた静けさを保っていた。
藤十郎の恋 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
平次はおゑつの後姿が廊下に消えると、踏臺を戸棚の前に持つて行き、硫黄附木いわうつけぎを一枚ともして、念入りに戸棚の上を調べ始めました。
「オヤ、オヤ。あかりも消えているじゃないか。若いって、ほんとにまア仕ようがないね。……だんなさん、ちょっと、ここでお待ちなすって」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「この男のことならばおすておき下さりませ。千之介の泣き虫はこの頃の癖で厶ります。それよりもうおあかりをおつけ遊ばしたらいかがで厶ります?」
十万石の怪談 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
年老いたおうなは普通の土器かわらけよりも大きい灯火をかかげていることが、奇異であるとすれば、全く奇異に大きいともしびでございました。
玉章 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
と、不意に吃驚びっくりしたような女房の声、うしろ見られる神棚のともしも暗くなる端に、べろべろと紙が濡れて、かどの腰障子に穴があいた。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お坊主が、網雪洞あみぼんぼりける、紙燭ししょくを広間へくばる。——だが、それすら今日に限って、なんとなく薄暗い気がしてならない。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
廊下が尽きるところに、金網の掛った、有明がいて居ります。三之丞はそれを外して左手に持つと雨戸を開けて、真ん中の土蔵の戸前に掛ります。
黄金を浴びる女 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
そして、御壇ノとばりの蔭に冥々めいめいと立ち並んでいる先祖代々の位牌の御厨子を、微小みしょうゆらぎの中に、じっと見あげた。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ピエールさんが、煙草に火をつける。男にしては、すこしやさしすぎる横顔が、瞬間、燐寸マッチ影の中へ浮びあがって、また消える。
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
一座は固唾かたずを呑みました。夕づく陽は縁側にって、棺の前のあかしが次第に明るくなると、生温なまぬるい風がサッと吹いて過ぎます。
ちょうど、まだあかしを入れたばかりの暮方くれがたでね、……其の高楼たかどのから瞰下みおろされる港口みなとぐち町通まちどおりには
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
その頃はまだ、電気灯やガスとうはなくて、ランプやろうそくをつけていましたから、どんなにしても、ふいに吹いてくる風のために消されてしまいました。
天狗の鼻 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
なにしろ兵は野性だ。将も人間である。本能やりばなき、血のなかのものを、義貞もいま、三条高倉邸の離亭はなれの一とうに照らして、みずからの身に見ていた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ひとり、唯、単に、一宇いちうの門のみ、生首にひともさで、さびしく暗かりしを、怪しといふ者候ひしが、さる人は皆人の心も、ことのやうをも知らざるにて候。
凱旋祭 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
彼の顏は再びひともされるのを待つてゐる消えたラムプを思ひ出させた——そして、あゝ! その活々いき/\とした顏の輝きを今かゞやかすことの出來るものは彼自身ではない。
わけて、こがらしの吹きすさぶ夜は、大岳たいがくの木の葉が、御簾ぎょれんのあたりを打ッて、ともしのささえようすらないのであった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのほとんど狼の食いちらした白骨のごとき仮橋の上に、陰気な暗い提灯の一つに、ぼやりぼやりと小按摩がうごめいた。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そうしてへやの中にとぼれている丸硝子ガラスの行燈の、薄黄色い光りで向うを見ますと、妾は自分の眼を疑わずにはおられませんでした。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
秀三郎は、いかけたタバコをポンと地下室の向うに抛って、薄暗の中にポーッと赤い火のとぼるのを見乍ら、卓子に手をついて、ウン、と寝椅子から起き上った時でした。
足の裏 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
◯いつも夜中、警報中に「おい、かりついとるぞ!」「灯かり消せ!」とどなり立てている丘の下の町に、きょうはどっと歓声があがるのを聞いた。
海野十三敗戦日記 (新字新仮名) / 海野十三(著)
と私もやっとの思いで初めて口を利くと慌てて袂からハンカチを出して顔を拭いた。途端に頭の上の電燈が眩しく紫色にもった。
あやかしの鼓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
とぼそ漏る赤きとぼしに照らされて
夜の讃歌 (新字旧仮名) / 富永太郎(著)
——皆な二階に集つてゐたので、蔵前の雛段の前には人影がなく、徒らに雪洞のひかりが明るいだけだつた。
熱い風 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
暗いみアカシの光りの代りに、其頃は、もう東白みの明りが、部屋の内の物の形を、オボろげにアラハしはじめて居た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)