“灯”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
37.3%
あかり27.2%
ともしび8.6%
とも8.4%
あか4.3%
ともし3.4%
3.1%
2.7%
あかし1.4%
とう1.1%
ひとも0.9%
0.7%
とぼ0.4%
0.1%
0.1%
とぼし0.1%
ひかり0.1%
アカシ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紅鯛綺麗なり。のお買初めの、眞夜中、うつくしきに、新版繪草紙つてもらひししさ、し。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
お吉の指す方、ドブ板の上には、向う側の家の戸口から射すを浴びて、に染んだ、もう一人の娘が倒れてゐるではありませんか。
 千仭ねた、漆のような波の間を、に照らされて、白馬の背に手綱したは、この度迎え取るおもいものなんです。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
父は家人の騒ぐのを制して、穿きそれから羽織をた。それから弓張し、仏壇のまへに据わつて電報をひらいたさうである。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
夜の散歩のついでにふとこの産院のりが目にはいると、何か誘はれるみたいにふらふらつと庭のガラス戸を自分で押すのださうよ。
死児変相 (新字旧仮名) / 神西清(著)
処へ、かの魚津の沖の名物としてありまする、蜃気楼の中の小屋のようなのが一軒、月夜にも見えず、前途に朦朧としてれました。
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
親爺は湯殿に這入ると、天井からブラ下がっている針金を探って、今日買って来たばかりの五分心の石油ラムプを吊して火をけた。
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
彼女寝衣の袂で首筋のあたりを拭きながら、腹這いになって枕辺行燈かげを仰いだ時に、廊下を踏む足音が低くひびいた。
黄八丈の小袖 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
人仕事しい家の、晩飯の支度は遅く、御膳取附の障子をけると、洋燈朦朧とするばかり、食物の湯気が立つ。
処方秘箋 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
室内は、暗室になっていた。ただ桃色のネオンが数箇、室内の要所にとぼっていて、ほのかに室内の什器や機械のありかを知らせていた。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
普通の小さきものとは違いて、夏の宵、夕月夜、す時、黄昏には出来らず。初夜すぎてのちともすればその翼もて人のうことあり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わけて、こがらしの吹きすさぶ夜は、大岳の木の葉が、御簾のあたりを打ッて、ともしのささえようすらないのであった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうしての中にれている丸硝子の行燈の、薄黄色い光りで向うを見ますと、妾は自分の眼を疑わずにはおられませんでした。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
◯いつも夜中、警報中に「おい、かりついとるぞ!」「灯かり消せ!」とどなり立てている丘の下の町に、きょうはどっと歓声があがるのを聞いた。
海野十三敗戦日記 (新字新仮名) / 海野十三(著)
途端に頭の上の電燈が眩しく紫色にもった。
あやかしの鼓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
漏る赤きに照らされて
夜の讃歌 (新字旧仮名) / 富永太郎(著)
皆な二階に集つてゐたので、蔵前の雛段の前には人影がなく、徒らに雪洞のが明るいだけだつた。
熱い風 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
暗いみの光りの代りに、其頃は、もう東白みの明りが、部屋の内の物の形を、ろげにしはじめて居た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)