あやかしの鼓あやかしのつづみ
私は嬉しい。「あやかしの鼓」の由来を書いていい時機が来たから…… 「あやかし」という名前はこの鼓の胴が世の常の桜や躑躅と異って「綾になった木目を持つ赤樫」で出来ているところからもじったものらしい。同時にこの名称は能楽でいう「妖怪」という意味 …
作品に特徴的な語句
さむ はし 復習おさらえ 妖怪アヤカシ 美味 かたえ 室中へや ふさ かた 塵埃ちり ほっ 革鞄カバン 表情かおつき まばたき 手擦カンニュウ ○○ポポ うえ おさ さげ 修繕ていれ いで とど こわ にく 自然おのず くう むず 水注みずさ 此女こいつ がた でっ あるい ちな 塩瀬しおせ はず 失策しま よわい おび おと かよ 退 しゃが 花活はない 肋骨あばら 羞恥はにか くび から 秋波しゅうは まばた くら 瘢痕あと だま ごう 末期いまわ やみ 普通なみ 明日あした 斯様こん 断絶たえ つか かか おこ 悄然しょんぼり うらみ のち つい ずつ こび わたし おごそ かみ やわ 呼鈴ベル 太刀だち おきな あご わき 胡麻ごま 背後うしろ 他家よそ かか 縮緬ちりめん 繊細かぼそ 繻絆じゅばん 仮令たとい 義歯いれば