“末期”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まつご87.7%
まっき4.9%
いまわ3.7%
まつき2.5%
マツゴ1.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“末期”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
血は滾々こんこんと益す流れて、末期まつごの影は次第にくらせまれる気色。貫一は見るにもへず心乱れて、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
『ホラ。遣るぞ。末期まつごの水ぞ。唐人さんドウかいな。もう死によるが。早よう話をばきめんとほかの処へ持って行くがナ』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
古い池のように、ここの人心も文化も、よどみきっていた。あらゆるものに末期まっきが感じられる。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
道太の見たのはおそらくその末期まっきでしかなかったが、彼女はその時代を知っていた。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
そんならどうでも助からぬか、末期いまわの際に次三郎さんにお目にかかって、おのれの悪事をお知らせ申しかたきが討って貰いたい。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そのまま久能は鼓を取り得ずに逃げ帰って間もなく息を引き取ったが、その末期いまわにこんなことを云った。
あやかしの鼓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
これは石器時代せつきじだい末期まつきにあつたものとおもはれます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
このとき噴火口内ふんかこうない出現しゆつげんしたたか二百米にひやくめーとる鎔岩塔ようがんとうめづらしいものであつたが、それは噴火ふんか末期まつきおい次第しだい崩壞ほうかい消失しようしつしてしまつた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
末期マツゴの風に敵しかね
英雄ナポレオン (新字旧仮名) / 槙村浩(著)