火山の話かざんのはなし
わが日本は地震の國といはれてゐる。また火山の國ともいはれてゐる。地震や火山が多いからとて御國自慢にもなるまいし、強い地震や激しい噴火が度々あるからとて、外國に誇るにも當るまい。實際この頃のように地震、 …
作品に特徴的な語句
神田しんでん 近頃ちかごろ 伊豆いづ ひろ のこ 繰返くりかへ 市街しがい くだ 山麓さんろく 場合ばあひ 同時どうじ 閃光せんこう ひろ むし 實際じつさい 心得こゝろえ しゆう 鍛冶かじ いと 其他そのた みね 長靴ながぐつ 石塊せきかい くに よう こう 工場こうじよう 左舷さげん 弘前ひろさき 聳動しようどう 上着うはぎ 死人しにん 迷惑めいわく 蹴飛けと 何等なんら しき 日々ひゞ しめ 屹立きつりつ はひ なは 電光でんこう 大隅おほすみ 内外ないがい 平地へいち 日月にちげつ 無疵むきづ せま 登攀とうはん 天明てんめい 堆積たいせき 何物なにもの 同樣どうよう 地獄じごく 順序じゆんじよ 其中そのうち たまご 琵琶湖びはこ 第一だいゝち 時代じだい 非常ひじよう 以下いか 大島おほしま 枯木こぼく みやく 見事みごと つゞ 暗黒あんこく 雷鳴らいめい つた てい 模樣もよう とく 沿 其後そのご 明神みようじん 百年ひやくねん 彼等かれら 噴火ふんか 小島こじま 支配しはい 方向ほうこう 災禍さいか 當然とうぜん なら 見受みう 鳴動めいどう 以上いじよう さつ 天下てんか 旅行りよこう 承知しようち 人力じんりよく 神業かみわざ 説明せつめい