火山の話かざんのはなし
わが日本は地震の國といはれてゐる。また火山の國ともいはれてゐる。地震や火山が多いからとて御國自慢にもなるまいし、強い地震や激しい噴火が度々あるからとて、外國に誇るにも當るまい。實際この頃のように地震、火災、噴火などに惱まされつゞきでは、却つ …
作品に特徴的な語句
しよう しよう きゆう あき かうむ じよう 同一どういち 旅館りよかん 習慣しゆうかん しよく 中央ちゆうおう 休息きゆうそく 前兆ぜんちよう 頂上ちようじよう あらは 湧出ゆうしゆつ 表面ひようめん つかは いづ かん うへ さが 周圍しゆうい 了解りようかい とゞ きは にはか 一巡いちじゆん 外方がいほう まへ 小丘しようきゆう くつ 朝廷ちようてい 山上さんじよう ころが 東京とうきよう 状態じようたい かは よう 強敵きようてき 電光でんこう ろく あひ せん 放射ほうしや 長子ちようし 直角ちよつかく 旅行りよこう たつ 日中につちゆう わづか あひだ たと とほ 降灰こうはい あるひ のぞ ゆう 服裝ふくそう さい 末期まつき 材料ざいりよう あつま あふ 十分じゆうぶん 忠實ちゆうじつ 生靈せいれい 桑園そうえん がた 人力じんりよく しゆう 寺院じいん 小片しようへん 消失しようしつ 中腹ちゆうふく 山頂さんちよう 上部じようぶ 一箇いつこ おこな 工場こうじよう よう 上皮じようひ 結果けつか など いち 機會きかい めづら おほ 正月しようがつ 上野かうづけ 熱湯ねつとう 火口かこう つひ 土砂どさ 破壞はかい