“日中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひなか57.6%
にっちゅう17.4%
につちう5.4%
につちゆう4.3%
ひるなか3.3%
ひる2.2%
にちじゅう2.2%
おひる1.1%
にちちゆう1.1%
にちぢゆう1.1%
にちゞゆう1.1%
ひじゅう1.1%
ひのうち1.1%
ひるま1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小高土手ると、いまゝでいてむだ。もないのに、田畑は一にぼうとして、日中である。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しかし、その毒蛇も竜も、日中一ばん暑いときに三時間だけ寝ますから、そのときをねらって、こっそりとおりぬければ大丈夫です。
黄金鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
「もし、んだにおひなさいましたね。惡戲をするんだらう、途法もない。いや、しかし、しい日中尊頭。」
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
第四 長日は、午後一時半時計晝眠となることあれども、其他して日中睡臥
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
近習たちも皆見た。日中で、も空は晴れて居た。——もうつくしく蓑虫がぶらりと雲からつたやうな女ばかりで、に何も見えなかつた。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
彼女の美しさは生くるものの為には日中よりもなお恐ろしい美しさだ、翼ある月の子らのためにはよりもなお不思議な美しさだ。
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
だかこれがまたには只事でなくしくわれて、ってからも一日中から囚人姿うてる兵卒などがれずに、眼前閃付いている
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
阿蘇山白煙を目がけて霜を踏み桟橋を渡り、路を間違えたりしてようやく日中時分に絶頂近くまで登り、噴火口に達したのは一時過ぎでもあッただろうか。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「あゝした。二三日中とかつてるだらう。其上くともうとも仕樣よ」
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
だかには只事でなくしくはれて、つてからも一日中から囚人姿ふてる兵卒などがれずに、眼前閃付いてゐる
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
しては一日中一晩中穴藏立盡し、其翌日猶且ぬ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
が、鎌倉行きのりはそればかりではない。風邪がすっかり癒ったでも、赤帽と云う言葉を聞くと、千枝子はその日中ふさぎこんで、口さえかなかったものだ。
妙な話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
だから日中歩こうものなら、町の餓鬼どもがって来て、ワイワイ囃して五月蠅うござんすがね。折柄夜中で人気はなし、家の陰から陰を縫って、尾行て行くには持って来いでさあ。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それから魔女るのは、大抵日中だから、二人はいつも、れてから、うことに約束めました。