“碌”の読み方と例文
読み方割合
ろく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『気の毒ですよ。いくらバラツクでな物はないと云つたつて、又焼かれちやあ助かりません。近所でもみんな泣いてゐましたよ。』
赤い杭 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
差當り奧方は御病死として屆け出たが、殿樣の御怒りは激しく、三千石のの半分を失つても、奧方樣の敵は討ちたいと仰つしやる。
彼は、その後は自分の子供たちをもう学校にやらないことに決め、こんなものを読んだり書いたりしてもなことはない、と言った。