“ろく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ロク
語句割合
63.8%
19.8%
4.2%
3.9%
2.9%
祿1.8%
0.8%
0.8%
路久0.5%
呂久0.3%
善事0.3%
満足0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
差當り奧方は御病死として屆け出たが、殿樣の御怒りは激しく、三千石のの半分を失つても、奧方樣の敵は討ちたいと仰つしやる。
「遠くは近江の佐々木が一族と聞いておりますなれど、室町殿滅亡後、母方の里へひそみました由で、吉川家のんでおりませぬ」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
櫻島はかういふ大噴火百年二三百年間隔繰返すので、つて鎔岩流出量く、前回場合立方粁計算せられてゐるが
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
日記というよりは、何となくあらさがし、不平といったようなもののできるのは、第一に書くものの恥になります。
女中訓 (新字新仮名) / 羽仁もと子(著)
五千の偽装兵をしたがえ、張遼、許褚を先手とし、人はをふくみ馬は口をし、その日のたそがれ頃から粛々と官渡をはなれて、敵地深く入って行った。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
武鑑にも出てゐる公儀御時計師廣田利右衞門で、京橋弓町に堂々たる屋敷を構へ、世々五十俵の祿んで立派な士分として遇せられました。
屋根のパラペットに、一カ所、いところがあるので、そこへ凭れたひょうしに、胸壁といっしょに下へ落ちたのではないでしょうか。ほかに、考えようがありません」
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
やがて仏殿にも廻廊づたいにとうとう燃え移ります。それとともに、大して広からぬ境内のことゆえ、鐘楼も浴室も、南の寿光院も、一ときに明るく照らし出されます。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
元園町に接近した麹町三丁目に、杵屋路久という長唄の師匠が住んでいた。その娘のおさんと云うのが評判の美人であった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
三日、此日は南宮山にらんとして未明撫院につて発せり。一貫川を経て一里六丁美江寺駅に到る。呂久川を渡り大垣堤をるとき、旭日初て明に養老山望前に見ゆ。二里八丁赤坂の駅に到る。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
見ると日頃せし兄清兵衞よりの手紙しくはあれども蕩樂者ゆゑ善事では有まじと
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
五歳六歳になるまでと云ふもの、で薬と御祈祷で育てられただ——江戸の住居も最早お止めよ、江戸はの中だと云ふぢや無いか、其様中に居る人間に、満足なもののは無い
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
掃除をしてくれたのに礼もに言わなかったっけ。それから何んだっけ。何時頃にこの前を通るかい。
「オイ、さん、何をぼんやりしてるんだな。ここへ来て、お前も一杯御相伴にあずかんねえ」
踊る一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
彼は、アンの腰に、丈夫がふた巻もしてあるのを発見した。しかもその綱の先は、防空壕の材の一本に、堅く結んであった。まるで囚人をつないであるような有様であった。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)