“案”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あん81.1%
つくえ14.9%
あんず1.4%
あんずる1.4%
あんじ0.7%
だい0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、さんといっしょになって、船出しをおじいさんにんだものの、じられてしかたがありませんでした。
一本の銀の針 (新字新仮名) / 小川未明(著)
幞頭角帯緋緑の衣を着た判官が数人入ってきて何か言いはじめた。友仁は何を言うだろうと思っての下へ身を屈めて聞いていた。
富貴発跡司志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
るに、菅原の本姓は土師なりしが、土師古人といひしが、 光仁帝の御時、大和国菅原といふ所にたるゆゑに土師の姓を菅原に改らる。
さればむかしよりは此国の名産たりし事あきらけし。に、むかしの越後布は布の上なる物なりしを、後々次第て糸にをつよくかけてたるならん。
不可也二人とまりなば両親給はん、われはべしなど、はなしの乳房くゝませつゝうちつれて道をいそぎ美佐嶋といふ原中にし時
が、彼の苛立たしさは彼にエホバの「殿に入りてその中にをる売買する者を殿より逐出し、兌銀者鴿売者椅子
西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)