“菅原”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すがはら50.0%
すがわら37.5%
すげはら12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“菅原”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 系譜・家史・皇室20.0%
歴史 > 日本史 > 日本史3.5%
芸術・美術 > 演劇 > 演劇史 各国の演劇1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おほうみ水底みなそこふかおもひつつ裳引もびきならしし菅原すがはらさと 〔巻二十・四四九一〕 石川女郎
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
この天皇、御年一百五十三歳ももちまりいそぢみつ、御陵は菅原すがはら御立野みたちのの中にあり。
そこでは「菅原すがわら」の梅王と菅丞相かんしょうじょうや、「月笠森つきのかさもり」のおきつとおせんや、「於伝仮名書おでんかながき」の高橋お伝などを見せていたが
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その家の姓は菅原すがわら