“藤原”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふじわら85.7%
ふじはら7.1%
ふぢはら7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多年藤原ふじわら博士の心にかけて来られた渦巻うずまきに関する各種の現象でも、実にいろいろの不思議な問題が包蔵されているようであるが
物理学圏外の物理的現象 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
藤原ふじわら氏や将軍家にとって何がために天皇制が必要であったか。何がゆえに彼等自身が最高の主権を握らなかったか。
堕落論〔続堕落論〕 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
せい元來ぐわんらい身分みぶん分類ぶんるゐで、たとへばおみむらじ宿禰すくね朝臣あそんなどのるゐであり、うぢ家系かけい分類ぶんるゐで、たとへば藤原ふじはらみなもとたひら菅原すがはらなどのるゐである。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
石灰や加里や植物養料がずうっと少いのです。ここにはとても杉なんか育たないのです。〕うしろでふんふんうなづいてゐるのは藤原ふぢはら清作だ。あいつは太田おほただからよくわかってゐるのだ。
台川 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)