“源”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みなもと53.2%
げん25.4%
もと16.7%
もとづ1.6%
げんの0.8%
たず0.8%
みなもとの0.8%
ミナモト0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然うだ、其だから僕等の生涯は永久に暗黒だと云ふのだ!家庭人生活動である、と、人にツてはこんなことを云ふもある。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
さんは会社につとめて、ごくほがらかな性質でありましたが、さんはそれにくらべて口数ない、うちきなところがありました。
クラリネットを吹く男 (新字新仮名) / 小川未明(著)
単に呼吸することだけでも享楽であった。そして私は、普通なら当然苦痛のになりそうな多くのことからでさえ、積極的な快感を得た。
群集の人 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
余技は別として小説と詩とはワガマヽな心の起らぬ限り心から流れ出す儘なれば出来得る限り「真実」にいて書き続ける決心です。
〔編輯余話〕 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
やがて、を奉じてきた御使は、中院ノ中将具光で、こういう朝命のしであった。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その縁起をぬるに、慶安の頃ほひ、山城国、京洛、祇園の精舎に近く、貴賤群集のに年経て住める茶舗美登利屋といふがあり。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
余の初め歌を論ずる、ある人余に勧めて俊頼集、文雄集、曙覧集を見よという。それかくいうは三家の集が尋常歌集に異なるところあるをもってなり。まず俊頼の『散木弃歌集』を見て失望す。
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
それが一つの現実だけれども人間は其だけではないわ、ノミの研究をいたしますものね、ノミの社会発生のを理解します。そして遂にノミを(くわれつつ)剋伏させます。