“げん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゲン
語句割合
15.4%
14.0%
13.3%
10.5%
6.8%
5.8%
5.5%
5.3%
4.5%
2.9%
2.5%
2.3%
1.9%
1.8%
1.0%
0.8%
0.8%
0.8%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
気嫌0.2%
縁喜0.2%
縁起0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ゴンクウルのを借りていへば、あたかも種紙の卵を産み落し行くが如く、筆にまかせて千差万様を描きしものにして
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
將棋れていて死ぬなどは一悲壯美をじさせるが、迂濶に死ぬ事も出來ないであらう代の棋士は平
開いた窓から、その花瓶を、三ばかりのコンクリート塀へ、力一杯投げつけたのだ。花瓶は塀に当って粉々に砕けてしまった。
何者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
何ぞかん、俗に混じて、しかもら俗ならざるには。に菊有り。無し。南山れば常に悠々。寿陵余子文を陋屋に売る。
の末には天下大いに乱れて、一時は群雄割拠の時代を現出したが、そのうちで方谷孫というのは浙東の地方を占領していた。
世界怪談名作集:18 牡丹灯記 (新字新仮名) / 瞿佑(著)
東河、名はは文平、一号は払石である。書を東江に学んだ。泊民名は逸、碩翁と号した。亦書を善くした。魚来は未だ考へない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
勿論そうなっては、熱い湯も、熱い奴も、却ってその苦患をはッきりさせるばかり、決して以前のようないやちこなをみせなかった。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
苛烈なをもって彼らの汗を強要すれば、彼らにはまた特有な彼らの怠ける戦法は幾らでもある。さすがの官兵衛も、手を焼いた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この、あやしい部下の心理を醸成したものは、万余の大軍はあっても、そこにたる統率がなかったという、ただ一事に尽きる。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それ日本經濟立直必要があるのであるが、經濟立直しが出來累年輸入超過國際貸借改善せられて解禁出來
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
するとこのとき、長江の上流から矢のごとく流れてきた一隻の快舟があり、ざ、ざ、ざ、とにしぶきを見せながら近づいて来るやいな
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
末と云ふ女中はお照の事を奥様と云つて居る。畑尾は先刻頼まれて帰つた事の挨拶に二三へ出掛けて行つたのである。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
仰いで皎日て、目して後、赤豆黒豆を暗室中にいて之をじ、又五色のを窓外に懸け、月に映じて色を別ってつこと無く、して後に人を相す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
幕府に気味悪がられる程度はいいが、を放っては万事休す。——で、わしは徳島城へやってきた、何でもかでも、阿波守様に、その無謀を思い止まらせんためじゃ。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お辰かと珠運もしめてに唇。彫像が動いたのやら、女が来たのやら、く語らば遅し。摩訶不思議
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『えい、ふざけたり/\、海賊せてれんづ。』と矢庭左舷速射砲せたが、心付いた、海軍々律として泰山
東海の黄公少時を能くし蛇や虎を制するに赤金刀をぶ、衰老の後飲酒度を過ぐ、白虎が東海にれたので例の赤刀を持ちに行きしも術行われず虎に食われた
午迄こんな姑息手段えずやしてたが、一向はか/″\しいもないので、御米小六のために、わざ/\きて、一所食事をする根氣もなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
つて芭蕉は如何と見ればその俳句平易高雅、奇をせず、新を求めず、く自己が境涯の実歴ならざるはなし。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
心は境にッてその相をずるとかで、叔母にこう仕向けられて見ると万更好い心地もしない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
まして大夫は思い出すだけでさえ身ぶるいがされた。何事も豊後介の至誠の賜物であることを玉鬘も認めていたし、右近もそう言って豊後介をめた。
源氏物語:22 玉鬘 (新字新仮名) / 紫式部(著)
專ら運用を指せば、則ち形前も亦之を氣と謂ふ、に不可無し。浩然の氣の如きは、專ら運用を指すも、其の實太極呼吸にして、只是れ一なり。之を氣と謂ふ、即ち是れ理なり。
霞亭が京都に遊学してゐた第二年、寛政十年に霞亭の弟が的屋から出て来た。そして霞亭の友源玫瑰と云ふものに師事した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
九月上旬には少しくむだ。「九日有登七老山之期、臥病不果、口占。望山不得登。対酒不思嘗。枕辺如欠菊。何以過重陽。」十九日には亡弟の法要を営んだ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
さらには、管鎗を持った小七だの、野太刀やを振りかぶる小二、小五などの三兄弟のほか、この浮巣島の漁民十数人も加わって
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜に入るまで、飲み興じ、あくる早暁には、すでにの三兄弟は、もとの石碣村へ、として立ち帰るべく、朝飯をいそいでいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
警官出張さして取締けたのであるが、それでも參詣人は一い。
ハガキの作者はベランメー型で、筆で委曲がつくしがたいから、コの代りに呼びすてにして溜飲を下げているらしい。長文の手紙の作者は必殺の文字に自信があるから、悠々敬称をつけてくれる。
巷談師 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
惜しいのばかり取り残しておいた書籍を売ったりしてやっといるだけのを工夫してお宮の気嫌をとりにやって来たのだ。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「さうどすかな、困つたえな。ぢき正月やのに、病人が居ては縁喜が悪るいえな。」
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
縁起たれの悪いこと云うてくれるな。手前とこは谷川って云うやら。俺とこは山本や。」
南北 (新字新仮名) / 横光利一(著)
木が照のなかから生えたつとき
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
び御親子御對顏の儀計らひ奉るべく就ては御日御沙汰ひ奉るとの儀なれば將軍吉宗公には是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
屋七郎兵衛の北の方は安南王族氏ので、安南では権勢を持っているということなので、破船の取得を願いあげた。
呂宋の壺 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)