“累年”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
るゐねん33.3%
るいねん33.3%
ルヰネン33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それ日本經濟立直必要があるのであるが、經濟立直しが出來累年輸入超過國際貸借改善せられて解禁出來
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
いずれにせよ、累年、忠義のみちを取って、臥薪嘗胆、かくまで奮戦してきた者どもを捨てて、なおどうあっても、敵へ御降伏に出られるものなら、もはやぜひもないことです。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ココニ至リ 累年宸襟ンゼンガ為
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)