“累々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
るいるい83.1%
るゐ/\10.8%
つぶつぶ1.5%
やつやつ1.5%
るい/\1.5%
るゐるゐ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金売りの商人が話した通りに、原の奥には大きい奇怪な石が横たわって、そのあたりには無数の骨や羽が累々と積みかさなっていた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
累々たる墳墓の地、苔滑らかに草深し、もゝちの人の魂魄無明の夢に入るところ。わがかしこにみし時には、朝夕杖を携へて幽思を養ひしところ。
鬼心非鬼心:(実聞) (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
滝さんお聞き、蛇がその累々したを立てるのを見ると気味が悪いだろう、何さ、くはないまでも、可い心持はしないもんだ。蟻でも蠅でも、あれがお前、万と千とっていてみな、なもんだ。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
観音丸の船員は累々しき盲翁の手をりて、より本船に扶乗する時、かくはきぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
赤硝子戸、赤き卵の累々とつまりたる函縁側に見ゆ
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
さうしてその葡萄の葉の間には、蜂の巣のやうな葡萄の房が、累々と紫に下つてゐた。明子はその金色の格子の前に、頭の禿げた彼女の父親が、同年輩の紳士と並んで、葉巻をへてゐるのに遇つた。
舞踏会 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)