“執”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
75.7%
しつ10.5%
とら3.8%
しふ1.6%
しゅう1.4%
とり1.4%
とっ1.2%
1.0%
シフ0.6%
しう0.4%
しゅ0.4%
とつ0.4%
0.4%
いず0.2%
まつり0.2%
まも0.2%
シツ0.2%
トル0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顔のい男は盛相の玄米いてあるぐたぐたの飯を分け、って熊笹の葉を二三枚って来てそれにのっけて僧の前にだした。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
肉體の豊滿さを買はれて、素人から妾奉公に出た女が、無暗に玄人の眞似をして、つこく、脂つ濃く取廻すと言つたでせう。
曹国公李景隆に命じ、兵を調してに河南に至り、周王及び世子妃嬪え、爵を削りて庶人となし、雲南しぬ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
二千人以上の殉教者と三万数千人の被刑者とを出して尚ねく余炎をあげてゐた切支丹騒動なるものは一段落ついた様に見えた。
その影は解決を得ない不安をにれんで、ねくも離れようとしない。それが殆ど彼の生涯にわたっているのである。
荊棘香花神前。次に各童手に木刀を隊閙有婚无子木刀を遍身打之口に荷花蘭蜜ふ。
この一言は深く吾輩を感激せしめた。僕は同君には日頃親しみはないけれども、君の手をて打振るほどばしく思った。
平民道 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
この夫人にそういう淡泊な処もあるので随分突飛な事やつこい目に時々遇っても新吉は案外うるさく感じないで済んでいる。
巴里祭 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
其を見て遁げ出した夫をねく追跡したと言ふのも、ひなが媛の話と、ちつとも違うてゐないではないか。死骸を見露して恥を与へたとて、怒つたとするのは、やはり後の説明なのであつた。
信太妻の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
であるから、生にする力の方が旺盛であるから、それでさういふ風に思ふのである。ところがそれはさうでない。
生滅の心理 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
大井川には脂肪があり、黒部川は筋骨を剥き出して、優美と壮美の匂いの差がある。観音像と、その変身の金剛神の姿を思わせる。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
卯平しがる勘次唐鍬朝餉五月蠅らしながら火鉢にどつかりとつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一、文ヲ論ジ事ヲ考フルニ各〻力ヲシ、モシ他ヲス所アラバ、虚心ヲ議シテ独見ヲルナカレ
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
れにしても美男子と云わるゝ男には非ず、美男子を遙か離れ、強き疱痘ありて顔の形痛く損し其高きに過ぎ其鼻長きに過るなどは余ほど羊に近寄りたる者とも云う可し
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「天皇をけて天の下を定めたまふ。たまふ際に於いて、政事に及びて、け補ふ所多し」と記してある。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
凡そ情熱のあるところには必らずるところあり、故に大なる詩人には必らず一種の信仰あり、必らず一種の宗教あり、必らず一種の神学あり、ホーマーに於て希臘古神の精を見る
情熱 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
此は、鴈治郎の後の天下は、大阪に居残つてゐる者の手に落ちるといふ気が離れなかつたからでもあり、又ひいき連衆や、関係者がこくさう言ふ立て前から、袖を捉へてゐたからであつた。
凡隊中修業分課 政‐法 火‐技 航‐海 滊‐機 語‐学等ノ如キ 其志ニ 互ニ相勉励 敢テ或ハルコト勿レ
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)