“まも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マモ
語句割合
46.5%
28.7%
7.9%
目守4.4%
2.9%
1.8%
守護1.5%
見守1.2%
0.9%
目戍0.6%
0.6%
護衛0.6%
熟視0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
目安0.3%
看視0.3%
諦視0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
七、日軍肉迫すモンテ・カルロの堅塁。金鍍金とルネッサンス式の唐草と、火・風・水・土の四人に神々にられた華麗しき賭博室
なく鹿なくいてじやれずはワンとえてらず、れどもなり鹿なりなりなるをけず。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
何も悪意あつて排斥するでは無いが、学校の統一といふ上から言ふと、た止むを得ん——斯う校長は身のりかたを考へたので。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
我わがあたりをみれば、わが動く處、わが向ふ處、わが目守る處すべてなる苛責なる苛責を受くる者ならぬはなし 四—六
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
此家は古の墳墓のなり。このの穴こゝらあれば、牧者となるもの大抵これに住みて、身をるにも、又身を安んずるにも、事足れりとおもへるなり。
だから、教へぬに日月を語ることは、極めて聡い人の事として居た頃である。愈魂をとり戻されたのかなと、り乍らはら/\して居る乳母であつた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
だってさん、そうじゃあねえか、俺らは御岳の氏子だよ。それ神様というものは、氏子を守護るがお義務だ。ところが話は反対じゃあねえか。干乾しにしようって云うのだからな
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
后は王の寵愛を受くる時、常に其石像を見守りし由に候。
る者なくては叶はずと云ながらの友次郎が脇指をお花に渡し此脇指を肌身さず何事も相談して怪我なき樣に暮すべしと懷中より二包の金子と藥の入し印籠
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
わが君がのみ目戍るときか。
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
そして、其麽所から此人はまあ、して此處まで來たのだらうと、源助さんの得意氣な顏を打つたのだ。それから源助さんは、東京は男にや職業が一寸見附り惡いけれど、女なら幾何でも口がある。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
盗賊には持って来いの処だったのですが、しかし、何よりもタッタ一つ、一番恐ろしい番犬がこの柳仙の家をガッチリと護衛っている事が、最初から判明っているのでした。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
『省吾さん。』と丑松は少年の横顔を熟視り乍ら、『君はねえ、家眷の人の中で誰が一番好きなんですか——父さんですか、母さんですか。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
しい、とはいへ涙にれたをあげて、丑松の顔を熟視つたは、お志保。仮令口唇にいかなる言葉があつても、其時の互の情緒を表すことは出来なかつたであらう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
吾は如何にしてここに逢へる! 貫一はその胸の夢むるともなく彼をれり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
別人と見るまでに彼の浅ましくれたるりて、譲介は涙の落つるを覚えず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
凡そ情熱のあるところには必らずるところあり、故に大なる詩人には必らず一種の信仰あり、必らず一種の宗教あり、必らず一種の神学あり、ホーマーに於て希臘古神の精を見る
情熱 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
たとい造仏の完成は後年であろうとも、天武天皇の信仰は、持統、文武、元明の三朝を通して、語り継ぎ言い継ぎられて行ったに相違ないと思う。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
信心深き魂の一、もだしつゝ、我等よりもはやく歩みて後方より來り、過ぎ行かんとして我等を目安れり 一九—二一
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「うむ、がするので皆な外の者共ア看視つて居る。俺等も行かんならんのやれど、誰も人が居らいで、今誰かに頼まうと思うて来たのやが。」
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
とお振返りて吉三諦視りぬ。
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
大人は自分の見栄や骨惜しみのために子供を犠牲にしています。大人は、ことに母親は、子供を危険からり、子供の天分をのばしてやるのがその職分です。
静かに休んでゐる時には、それは見えない。胃袋の中にはいつてゐる鞘の中に隠してあるのだ。自分をる時には、その鞘から引き出して、その尖を、無遠慮な指に突つ込むのだ。