何が私をこうさせたかなにがわたしをこうさせたか――獄中手記――――ごくちゅうしゅき――
金子ふみ 栗原兄 一、記録外の場面においては、かなり技巧が用いてある。前後との関係などで。しかし、記録の方は皆事実に立っている。そして事実である処に生命を求めたい。だから、どこまでも『事実の記録』として見、扱って欲しい。 一、文体については …
作品に特徴的な語句
もろ あき ふち 良人たく まず たま うずま かわか しゃ ゆう 応答うけごたえ じょ 手繰てぐり 下手まず かぞ まいり さい ぼん 継母おっか かた まも れん まよ 仕合しあ あら はにか ながら どま しりぞ しん そら 嘘言うそい 同僚カムレード 同志とも 末流まつりゅう はず はた なつか 心性しんじょう 後嗣あととり 打伏うっぷ かく 継母けいぼ とざ よう とど とも 破目われめ 昼食おひる さいな すこ ぼく めず るい にく のど わき みた せん かむ おとしい こお むつまじ ざま きわ 祖父おじい やさ のが おびや 色褪いろざ いだ 肥桶こやしおけ 茸狩たけが 後嗣あとつ いじ うる 縁端えんはし ひろ 表面おもて つい もり あらた