“悪”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
わる31.4%
にく28.5%
18.1%
あし5.8%
5.3%
あく4.2%
わり1.9%
1.9%
わろ0.6%
にくし0.2%
にくみ0.2%
わるい0.2%
アク0.2%
ワル0.2%
われ0.1%
いずく0.1%
いた0.1%
いたづら0.1%
いや0.1%
0.1%
きらい0.1%
さが0.1%
つたな0.1%
はり0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんでも夜中すぎになると、天子さまのおやすみになる紫宸殿のお屋根の上になんともれない気味くものがあります。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
非常に素直で内気な、どんな事があつても、余程意地くね悪い人でゝもなければ彼女をむことは出来ない程善良な人でありました。
背負ひ切れぬ重荷 (新字旧仮名) / 伊藤野枝(著)
(予美と申すは地下の根底にありて、根の国、底の国とも申して、はなはだきたなくしき国にて、死せる人のり往くところなり)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
すべて、私念といふ陋劣い心があればこそ、人間種々企画を起すものぢや。罪悪の源は私念、私念あつての此世の乱れぢや。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
よもやこの人々が余の詩想を洞見しはしまいが、たださえ人の注視をわれ一人に集めて往来をって行くのはきまりがるいのに
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
はその前刻からとなく婦人畏敬じてか、命令されるやうに心得たから、いはるゝままに草履穿いた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
番新「あらまア、可愛相に、小三さんがあの眼のい人を頼んでお金を持たしておまはんの様子を聞きによこしたのかも知れないよ」
くむべきは吾一ではなくて少年を手伝つた人々である。彼等は彼等の謬見のために二人の将来ある人を葬り去つたことになるのだ。
けれど、下々の嗜める鱧の皮とあっては聞こえいとし、この日よりこの肴を『待宵の鱠』と命名せよ。と仰せられて、ご機嫌なみなみならずうるわしかったと伝う。
にらみ鯛 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
秀次ほの聞給ふて、此山の自滅の時来たるよなど、其みふかゝりしなり
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
人をみ人をて、たがいに寸分の余地をのこさず、力ある者は力をつくし、智恵ある者は智恵をたくましゅうし、ただ一片の不平心を慰めんがために孜々として
学者安心論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
私は、田舎の子の眼に見つめられる事にはなれっ子になって居たので格別間がとも思わなかった。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
師匠さまがつらつら亀卜卦面を案じまするに、すなわち、——富岳鳳雛マレ、五狂風ジ、喬木イテカル——とござりましたそうです
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御家人仲間で鼻ツマミのですッて。私がきいているのは悪名ばかり。顔を見たこともないのです。父のおかげで、お母さんは今の不幸に落ちこんだのだそうです。
まア寺男からおさんの子じゃア有るけれども眞達さんまでもえ事にりまして、それからおさん此の頃寺で賭博ますと
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
この孟子の書の開巻第一には梁恵王との問答が収録されているが、その中に「天下にか定まらん」という恵王の問がある。孟子はそれに答えて「に定まらん」という。
永久平和の先決問題 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
甘ったるいかるいくすぐる様な悲しみがずらの様に心の中にわき上って来る。うすの夕方そうっと誰かの名をよんで見たい様な気もする事もある。
と、乙姫が、らしい微笑を含んで言ふ。
虹色の幻想(シナリオ) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
全く、奥様の為には廻合も好くない年と見えて、何かの前兆のようにな夢ばかり御覧なさるのでした。女程心細いものは有ません。それを又た苦になさるのが病人のようでした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
は悪で判然と明暸に意識された事でありますから、勢い悪の方すなわちな事、なもの、は避けるようになるか、もしくはこれを叙述するにしても嫌いなように写します。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
が、筆のついでに、座中の各自が、、その季節、花の名、声、人、鳥、虫などを書きしるして、揃った処で、……何某……なものは、美人。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
下郎は口のなきもの。放っておくと、ひとに知られたくないじぶんの密事まで喋るようなことになろうとかんがえ、それで、思い切ってこんなことをやらかしたんだろうと……
くアントニーとクレオパトラの艦隊は敗北し共にれ帰つたが途中アントニーはクレオパトラが死んだといふ偽報を聞いて自殺する。女王は時に三十八歳であつた。
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)
八重「半治はん誠にほいよう、ほれじゃアまねえよ、此家ているに、ほがほんなをひてや親分まねえよ、小兼はんにになってれってえ、ほれじゃア可愛ほうだアへえ」