“いたづら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
悪戯31.6%
惡戯26.5%
21.4%
惡戲13.8%
徒爾1.5%
1.0%
淫奔1.0%
惡劇0.5%
徒為0.5%
0.5%
悪策0.5%
板面0.5%
猥婬0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分はもと洛中を騒がした鬼だが、余り悪戯が過ぎるとあつて貴方の御先祖安倍晴明殿のために、この橋の下にぜられてつた。
には與吉惡戯をしたり、おつぎがいといつてへてせれば與吉自分るのがえるやうである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
もなく、しいばかりぱち/\させて、えぬのを、る、寂々とした板戸に、ばさりと物音
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
つい二三日前其所てゝいたのですが、子供面白半分にわざと屏風まつて、色々惡戲をするものですから
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
そんな徒爾な色恋は、為た者の不仕合、棄てた者も、棄てられた者も、互にい事は無いのです。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
大きい文字を書く折にはと筆を用ゐないで、をぐるぐる巻にして、その先に墨汁を含ませて、べたべたくるのをく自慢にしてゐたといふ事だが、これなどもまあ一寸しただ。
屡瞬き是お節其方は此九助と夫婦に成たるは前世よりの惡縁ならん我は天地の神祇照覽あれ人など殺せし覺えは露聊かもなきなれど是皆伯父九郎兵衞が惡巧みより無實の罪にる事と推量はなしながら證據なき故辯解ず是と云も先立れし親々への孝行と思ばこそ不義淫奔せし先妻お里憎ひ奴とは
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これに乘れる寢衣着たる翁とやさしき花賣娘とは、早くも惡劇のためよりは避難のためと見て取りぬと覺しく、娘は輕く我手背をき、例の玉のつぶて二つ投げかけしのみなれど
母上のたまひけるやう。かく惡劇せば、好きをぢ御の許にやるべし。さらば汝もの上に坐して、をぢと共に袖乞するならむ、歌をうたひて「バヨツコ」をめぐまるゝを待つならむとのたまふ。
誰か徒為に旧思想を墨守し、狭隘なる国家主義を金城鉄壁とめ、己れと己れの天地を蠖屈きに甘んぜんとするものぞ。
一種の攘夷思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
と、乙姫が、らしい微笑を含んで言ふ。
虹色の幻想(シナリオ) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
賃銭値上の同盟などさせをるのだ、愈々日露開戦になれば石炭が上ると云ふ所を見込んでの悪策だ、——歳暮ではあり、東京の用事も手を抜く訳にならぬけれど、今日も長文の電報で
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
いて、ずかと、廻廊の板面から、一段高い畳のうえに踏み上がると、落着き払って、設けの席に坐り、そのまま縁の中柱へ、ゆったりと背をせかけていた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白痴者め其方が樣子を見るに傳吉が留守不義猥婬を致し居しなるべし傳吉が叔母と云は父方が身元を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)