“寢衣”のいろいろな読み方と例文
新字:寝衣
読み方割合
ねまき93.3%
しんい6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蒲団をばねて、勢好く飛起きた。寢衣着更へて、雨戸をけると、眞晝の日光がパツと射込むで、眼映しくツて眼が啓けぬ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
寢衣をきて起きた僕と、暗い陰鬱な電氣の下で、約一時間ほど話をした。來るといきなり、芥川君は手をひらいて僕に見せた。
芥川君との交際について (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
不時大騷動に、目醒めたる春枝夫人は、かゝる焦眉にも省愼れず、寢衣常服着更へてつために、此處までたのである。るより