海島冒険奇譚 海底軍艦かいとうぼうけんきたん かいていぐんかん05 海島冒険奇譚 海底軍艦05 かいとうぼうけんきたん かいていぐんかん
はしがき 一。太平洋の波に浮べる、この船にも似たる我日本の國人は、今や徒らに、富士山の明麗なる風光にのみ恍惚たるべき時にはあらざるべし。 光譽ある桂の冠と、富と權力との優勝旗は、すでに陸を離れて、世界 …
作品に特徴的な語句
二日ふつか 見遁みのが 緻密ちみつ 牡蠣かき 矢庭やにわ 鍛冶屋かぢや いそ 近頃ちかごろ とん 慷慨かうがい 木蔭こかげ 千切ちぎ なみ 韋駄天いだてん 夜寒よざむ あま 始末しまつ 雇人やとひにん 嘆息ためいき 年月ねんげつ インチ 音沙汰おとさた ばん かも あさひ 未練みれん 諸共もろとも 香港ホンコン 其處そこ 其時そのとき 是等これら 沙漠さばく 波瀾はらん 編輯へんしう あかね 首途かどで 銅鑼どら 血汐ちしほ 近寄ちかよ やり 不束ふつゝか 芙蓉ふよう 浮世うきよ 熱心ねつしん 籠手こて 請合うけあ 三度みたび 下界げかい 市街まち 整頓せいとん ひろ 御幣ごへい 途絶とだ のこん 繰返くりかへ 八釜やかま 手足てあし 一室ひとま 不足ふそく さて 縁起えんぎ 頑是ぐわんぜ 脊中せなか 致方いたしかた 言下げんか 退治たいぢ 半年はんとし 沙魚ふか 未曾有みそういう みどり 一筋ひとすぢ 清楚さつぱり 其儘そのまゝ 呼鈴よびりん 思案しあん 渺茫べうぼう 轟然ごうぜん 面倒めんだう 二言ふたこと 御挨拶ごあいさつ 人影ひとかげ 拳骨げんこつ 貴君きくん 闇夜やみ 同時どうじ 片唾かたづ 見渡みわた 詮方せんかた 逆立さかだ 際立きはだ 猿臂えんび 閃光ひかり 非業ひごふ 時刻じこく 五日いつか にな 紙鳶たこ 一歩いつぽ 世話せわ
題名が同じ作品
海島冒険奇譚 海底軍艦:01 序 (旧字旧仮名)上村経吉 (著)
海島冒険奇譚 海底軍艦:02 序 (旧字旧仮名)小笠原長生 (著)
海島冒険奇譚 海底軍艦:03 序 (旧字旧仮名)肝付兼行 (著)
海島冒険奇譚 海底軍艦:04 序 (旧字旧仮名)吉井幸蔵 (著)