海島冒険奇譚 海底軍艦かいとうぼうけんきたん かいていぐんかん05 海島冒険奇譚 海底軍艦05 かいとうぼうけんきたん かいていぐんかん
はしがき 一。太平洋の波に浮べる、この船にも似たる我日本の國人は、今や徒らに、富士山の明麗なる風光にのみ恍惚たるべき時にはあらざるべし。 光譽ある桂の冠と、富と權力との優勝旗は、すでに陸を離れて、世界の海上に移されたり。 この冠を戴き、この …
作品に特徴的な語句
まぢは ハク どう さひわひ ほとり みな せう あひだ ひるがへつ くわは はずら うせ 如何いな かう 老爺をやぢさん みゐ しごと かたばら とうざ よすが みいつ よぢ きづゝ たゝ いさ もと おまへ きよく 恐怖けうふ 敏捷びんしやう たを ぐわい むかつ あほ おそひ きたつ けう とう ちつと 珈琲カフヒー かは まは とう くわ きそひ いきほい いさゝか ひた いわひ 可愛かあひ とふら 周章あはて 嘲笑けな 恐怖おそ さひは よき 私等わたくしら すゝめ たゞ からう 日本ほんごく 後退こうたい しやう 老女らうじよ いらだ 珈琲カツヒー さが 正面せうめん 正午せうご さひはひ たゞ 御在ごぞん きはま おつしや たう 日本ふるさと 周章あは じやう たほ うな いさゝ 女性によしよう この いき ノツト らい 毛布ケツトー せう しわざ ほとばしり たゞず
題名が同じ作品
海島冒険奇譚 海底軍艦:01 序 (旧字旧仮名)上村経吉 (著)
海島冒険奇譚 海底軍艦:02 序 (旧字旧仮名)小笠原長生 (著)
海島冒険奇譚 海底軍艦:03 序 (旧字旧仮名)肝付兼行 (著)
海島冒険奇譚 海底軍艦:04 序 (旧字旧仮名)吉井幸蔵 (著)