“珈琲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
コーヒー66.5%
コオヒイ9.7%
コオフィイ2.8%
こーひー2.3%
カツフエ2.3%
カッフェー1.7%
カフェー1.7%
カッフェ1.1%
コオヒー1.1%
カフエエ0.6%
キヤツフエ0.6%
コーヒ0.6%
カツヒー0.6%
カフヒイ0.6%
カフヒー0.6%
キャフェ0.6%
こうひー0.6%
こーひ0.6%
カウヒイ0.6%
カッフェエ0.6%
カフイ0.6%
カフエ0.6%
キヤフエエ0.6%
コォフイィ0.6%
コオフィ0.6%
コオフイ0.6%
コヒー0.6%
コーフヒー0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
マカラム街の珈琲店キャフェ・バンダラウェラは、雨期の赤土のような土耳古珈琲のほかに、ジャマイカ産の生薑水をも売っていた。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
我々四人は、又久米の手製の珈琲を啜りながら、煙草の煙の濛々とたなびく中で、盛にいろんな問題をしやべり合つた。
あの頃の自分の事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
プラットフォオムには給仕がパンや珈琲を持って駈けっている。旅客の中には、ここで下車するものもある。人の呼び交す声がしい。
みれん (新字新仮名) / アルツール・シュニッツレル(著)
と外にお菓子がレデーケーキにデザートに水菓子に珈琲とそれに卓上の花飾りまでを加えまして一人前一円八十九銭で出来ました。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
ゲエルは、いつもの純金の匙に珈琲の茶碗をかきまはしながら、快活にいろいろの話をしたものです。
河童 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
日課をへては、学校の向ひなる、「カッフェエ・ミネルワ」といふ店に入りて、珈琲のみ、酒くみかはしなどして、おもひおもひのす。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
僕なんかは、よしんばただの料理人にしろ、うまくゆきさえすればモスクワのペトロフカあたりで、立派な珈琲料理店を開業することができます。
ゲエルは、いつも純金の珈琲茶碗をかきまわしながら、快活にいろいろの話をしたものです。
河童 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
銀座にはうまい珈琲や菓子を食べさすが出来、勧工場の階上に尖端的なキャヴァレイが出現したりした。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
椰子林の中の観海旅館に少憩して海に近い廻廊珈琲を喫しら涼を入れた。ホテルの淡紅色の建物が周囲と好く調和して居た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
くして気が附いたが離れたの卓に滿谷、徳永、小柴、柚木、などの画家が食後の珈琲を取りに来て居たので僕が挨拶に行つたらう立上つて帰る所であつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
午後五時が過るとすぐ、私たちは、珈琲を小さい茶碗に一杯と、黒パン半切れの食事をした。私は、パンをり食ひ、珈琲美味しく飮んだ。
珈琲んで小間使にもがしさがへるので、しや、今日不時混雜中ではあるまいかと氣付いたから、
「ああ、降る降る、面白い。かう云ふ日は寄鍋で飲むんだね。寄鍋を取つてはう、寄鍋が好い。それから珈琲を一つへてくれ、コニャックをと余計に入れて」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
大佐好遇にて、此處で、吾等水兵等んで珈琲ほうし、漂流以來渇望してつた葉卷煙葉充分ひ、また料理方水兵手製で、めて不細工ではあるが
天が下にたぐいまれな荒れ大王と、珈琲店の露台でも四つ辻でも、たがいに物凄い法螺の吹き合いから、果てはつかみ合いに及ぶという見るも勇ましき盛況。
二段目にも隅のに三郎のだつたがらがらが一つあるだけなのです。花樹があの欠けた珈琲道具も、壊れかかつた物干の玩具も持つて行つたのかなどと私は思ふと云ふのです。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
紅梅が美くしかつた。帰りに画室にお寄りしていろいろのを見せて貰つた。こんな部屋がしいなどゝ珈琲を飲みながら思つて居た。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
終りてつぎの間に出ずれば、ここはちいさき座敷めきたるところにて、やわらかき椅子、「ゾファ」などの脚きわめて短きをおおくすえたり。ここにて珈琲のもてなしあり。
文づかい (新字新仮名) / 森鴎外(著)
官能の疲れを苦蓬酒の盃に啜り象徴のあやかしを珈琲の煙に夢みる近代の騷客、ともすれば純情の心雅びかなる古巣にのがれて此の古き歌集の手觸りに廢唐のやるせなき風流を學ばんとす。
短歌 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
白布の中で珈琲麺麭を食つた。日が窓から室の中にさし込んでゐる。窓掛けの薄紗を通して遠くに PANTHÉON の円屋根が緑青色に見える。
珈琲店より (新字旧仮名) / 高村光太郎(著)
踊る事の出来ない国から来た僕等はい動物が人間を観る様に二階から黙つて珈琲んで見して居た。入場者は男より女の方が多い。女同志で幾組も踊つて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
伯林の Unter den Linden を西へ曲った処の小さい珈琲店を思い出す。Café Krebs である。日本の留学生の集る処で、蟹屋蟹屋と云ったものだ。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「JBDM……珈琲なら買ったのがありますから、またこの次にねがいます」
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
腹の底からの技術家で、朝の珈琲から夜のパイプの時間まで、紙型にとったようにキチンと割り切ってあるというふうなのに、利江子夫人のほうは、時間観念欠乏症の代表のような方で
キャラコさん:08 月光曲 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
時間を倹約するため、わざと軽い食事を取ったものたちが、珈琲も飲まずに、そろそろ立ちかける時が来ても、お延の前にはそれからそれへと新らしい皿が運ばれた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
敬三は下谷の可否茶館に。そゞろあるきの足休めして。安楽椅子に腰の疲を慰め。一碗の珈琲に。お客様の役目を
カフェー (新字新仮名) / 勝本清一郎(著)