“漂流”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひょうりゅう76.9%
へうりう7.7%
ただよ7.7%
たゞよ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう海上を長いあいだ漂流し、暴風雨と戦って根気もつきはてた少年どもは、いま眼前に陸地を見ると、もういても立ってもいられない。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
翌日は、漂流以來はじめて落付いて、雨水み、沙魚舌皷ちつゝ、島影きか、滊船へぬかと始終る、けれど何物るものとてはなく
になつてきたので、二人り、何處目的もなく、印度洋唯中のまに/\漂流つてるのである。