“雨水”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あまみず38.9%
あまみづ22.2%
あめみづ16.7%
うすい16.7%
うすゐ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
達吉伯父さんは、しくってきた、ぴかぴかるブリキのといをのきててみて、雨水れる勾配っていました。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
建物取𢌞はした一棟其池のあるばかり大屋根長方形切開いてあるから雨水つてる。
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
先刻のやうに降注いだ雨水は、艇底一面つてる、隨分生温い、だが、其樣事は云つてられぬ。兩手つて、のやうにんだ。
雨水めためておく餘裕がなくなり、つただけの雨水どにつて、にある河底めるために、れかたがつて、あふれひろがるからです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
僕等は馬車を駆つて見物して廻つたが、途上の所見を少し並べて云ふと、土の色が概して印度黄くは輝紅を呈し、其れが雨水に溶解すれば美しい橙黄色水溜が出来る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)