僕はこれからだぼくはこれからだ
村からすこし離れた、山のふもとに達吉の家はありました。彼は学校の帰りに、さびしい路をひとりで、ひらひら飛ぶ白いこちょうを追いかけたり、また、田のあぜで鳴くかえるに小石を投げつけたりして、道草をとっていたこともあります。そして、裏の松林にせみ …
作品に特徴的な語句
しょう せき ぷん かい うえ がた 復習ふくしゅう 電光でんこう さい いきお 周囲しゅうい 生死せいし 平常へいぜい たく めん さお 機会きかい うしな ねつ ちち 金網あなあみ てき ほう 弟妹ていまい かけ つよ かれ 年寄としよ ねん のち 希望きぼう おれ 左右さゆう 工場こうじょう したが かばね 微風びふう くる こま たい きゅう 性質せいしつ せい 容易ようい いえ 孤児こじ 見物けんぶつ 突然とつぜん した うば 天地てんち たず はな よる 外出がいしゅつ そと 発見はっけん けん かる かた 数日すうじつ かな あたら 退 方向ほうこう 町々まちまち のが にち あか ぐち はい やわ 顔色かおいろ 今日きょう あたま