“起”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
49.1%
26.1%
おこ17.6%
おき3.7%
たち0.5%
たた0.4%
0.4%
おこり0.3%
0.3%
たつ0.3%
おこし0.2%
たっ0.2%
おこっ0.1%
0.1%
0.1%
おこらば0.1%
おこる0.1%
0.1%
たゝ0.1%
0.1%
0.1%
タテ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
広い清らかながあって酒や肴がかまえてあった。室の隅には四十前後の貴婦人が腰をかけていた。貴婦人は崔を見るとってきた。
崔書生 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「あんなことで、こすものじゃなくてよ。」と、ちゃんは、おさんにしかられました。ところが、その午後でありました。
ねことおしるこ (新字新仮名) / 小川未明(著)
わたくしは因縁こそ実にくそれを飽迄も大切にすべきものだと信じてります。其処に優しい深切な愛情が当然るのであります。
と思って起上ろうとすると、苦し紛れに新五郎の袖に手をかけ、しがみ付いたなりに、新五郎と共にずうッとたのを見ると真赤
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
起上ッて部屋へ帰ろうとは思いながら、ついそそくれて潮合を失い、まじりまじり思慮の無い顔をして面白もない談話を聞いているうちに
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
どっちへ答えてもなじるようにしてだんだん問答を進めますので、その問い方と答え方の活発なる事は真にいわゆる懦夫しむるの概があるです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
其でゐて、我々の思ひもかけぬ道の辻や、岡の高みや、川の曲り角などから、極度に静かな風景や、人のを眺めて還る。
『かげろふの日記』解説 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
この雨の日の退屈まぎれ、三谷さんが兼ちやんも誰か呼んで遊べといひしに、呼ぶ人がないといつたら松つあんではどうだとの事、私がつひ松つあんより清さんが好いといつたが
そめちがへ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
文芸上ロマンチイシズムの次に自然主義が起り、自然主義の次に理想的民衆主義が起りつゝあるのも、実はその一の大きな『あらはれ』である。生滅のリズムである。
生滅の心理 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
(雷と夕立はをんさいのからくり也)雲は地中温気よりずる物ゆゑに其湯気のごとし、水を湯気と同じ事也。
はどうもあかんで」との手が右斜へいささか引き気味に、ここで刻みかけると、何鳥か白く光って空をば過ぎた。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
先ずこのがやがやが一頻むとお徳は急に何か思い出したようにて勝手口を出たが暫時して返って来て、妙に真面目な顔をして眼をくして
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
その時に何とも云われぬ恐ろしい事がた、と云うのは神奈川奉行組頭、今で云えば次官と云うような役で、脇屋卯三郎と云う人があった。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
不滅真理微笑ンデエル、「一長一短。」ケサ、快晴、ハネキテ、マコト、スパルタノ愛情右頬ツ、マタツ、ツ。他意ナシ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
めて領伏し、身動きもせでしばらく横たわりたりしが、ようようを返して、がっくりとれ、やがて草の根を力におぼつかなくも立ちがりて
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そうして被作虐的な訓練をされると、遊女達の精気が喚起されるばかりではなく、その効果が、東室南室るの○○○○○○○○○、○○○○○されるか
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
熊はいでずして一山の破隙こゝかしこよりをいだしてくなりければ、奇異のおもひをなし熊をずしてしく立かへりしと清水村の農夫りぬ。
非局部性大地震太平洋側海底り、地震規模廣大なると陸地震原からいために、はたまた海底地震性質として震動大搖れであるが、しながら緩漫である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
人間を高うするものも、人間をうするものも、義人をすものも、盗児を生ずるものも、その原素に於ては、この熱意の外あることなし。
熱意 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
仕損じなば御二人の御命にもはるならんとつ氣をしもゴウゴウと耳元近く聞ゆるは東叡山寅刻コリヤ斯うして居られぬと物にりて立上り蹌踉
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼等きて先づ火焚き塲の火をにし、食物調理を爲し、飮食を終りたる後は、或は食物原料採集に出掛け、或は器具製造に從事し、日中のしたる後
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
天孫又問曰、其於秀起浪穂之上八尋殿而、手玉玲瓏織紝少女者、是之女子耶。答ヘテハク、大山祇神之女等。磐長姫木華開耶姫
たなばたと盆祭りと (新字旧仮名) / 折口信夫(著)